ハノイのサクラスパで知り合った女の子とデート

2015-12-27_12

今回の記事は寄稿記事です。ペンネーム: KENさん

ハノイにもサクラスパという、俗に言うマッサージパーラーがあるワケですが、今回はこっそりカメラを仕掛けて遊んでまいりました。

2015-12-27_165

置屋街は、クリスマス前という事もあってか、どこもやってない感じでだったので、おとなしくVIPマッサで今日一日の疲れを癒してもらう事に。

 

料金は一番安いので45万ドン、チップはスペシャルマッサを頼まない限りは、だいたい30万ドン程度で十分です。

たまにもっと寄越せといってくる嬢もいますが、正直 30万でも上げすぎな気がしないでもないです。

2015-12-png

さて、今回の嬢は性格もスレてなく、細身のギャルメイクでオデコ丸出しのロングヘアと、日本でのガールズバー体験を思い出させてくれるようなユルかわ系ベトナム嬢でして、笑顔も大変癒されるものがございました。こういうお店では、気に入った娘が来た場合は、基本的にこちらからボディタッチをしないよう心がけておりますので、今回は施術中もじっと忍耐の二文字が頭を駆け巡っていました。

 

そんなムッツリ紳士の私ですが、一応まだ20代という事もあってナンパは欠かしません。

ベトナム語も日常会話程度はできますので、施術中も嬢との距離を縮めようと楽しくおしゃべりしておりました。

30代、40代のおじさまでも、紳士的な態度を取っていれば店外デートもそう難しくないかもしれません。(語学スキルは必須ですが…。)

 

2015-12-27_9

マッサージそのものはあまり上手ではなかったのですが、どこぞのスレマッサ嬢と違い、「さっさとマッサペペ!」スタイルではなく、仕事はきちんとこなしてくれます。

ちなみに、私はいつもVIPマッサはオキニのセフレとセックスした後にリフレッシュすべく利用しているので、基本的には店内でのヌキはほぼ利用する事はありません。

そもそも「エッチなのは良くないと思います!」という雰囲気の街なのでねハノイは…。

2015-12-27_350

しかし、この癒し系ギャルマッサ嬢、洗体も中々心地よく、愚息も程よい刺激で洗ってくれ、心の底で、「もっと!もっと洗って!」と叫びつつ胸の谷間をガン見していたら、クスクス笑われてしまいました。

 

最終的にZaloで連絡先を交換できたのでとりあえずヨシとしましょう。

 

ハノイはメシオムの数も年々減少傾向にあり、日本人駐在員は完全に籠の中の鳥状態で、KTVラウンジのある地域でしか見かける事はありません。サクラスパは私が知っている限りでは、ハノイには2店舗あり、一つはやや辺鄙な場所にあるものの、嬢もそこそこのラインナップでコスパはそれなりに高いように思います。ただ、いつまで残ってくれるのかはわかりませんから、まだあるうちに利用しておきましょう。クリムゾンスパもあっという間に消えましたし…。

GOPR0371.MP4_000004079

VIPマッサの特徴としましては、スレていない嬢に当たると、店外でのお楽しみにも十分期待できるという点です。

スレている娘はマッサペペを断ったとたん、一瞬にして人柄が変わる事もありますが、今回の娘のように、マッサペペはむしろそんなにしたくないの…。

ぐらいのスタンスの娘は口説いて店外デートする価値ありです。

 

案の定近くの日本食レストラン通りでデート後に自宅でチョメチョメさせて頂きました。

 

愛人として囲う気持ちはまだありませんが、週に1度の休日に色々サポートしてあげるのも悪くありません。

ハノイの風俗は言葉が通じないと結構難しいですが、基本はいかに素人に近い娘と出会うか、という処にある気がします。

WeChatエスコートは最近相場がちょっと高くなってますし、Gai Goi は商売ッ気の強い娘が多いので、中々「気持ちの良いデート」感覚で会える娘を見つけるのは難しいかもしれません。

 

時間のある人には、ドーソンという選択肢もありますが、最近はアホな観光客のせいでこちらも相場が上がってきています。

最近の円高が、幸い、となるか、不幸にも、となるかは皆さん次第です。

 

チップのあげすぎ反対!

20代はまだそんなに金が無いんやで!

 

 

サイゴンどん
夜回り at HCMC Boob
つぶらな瞳で夜の街を見渡す巨漢の小心者。そうです、わたすがサイゴンどんです。
記事寄稿・ナンパ武勇伝をアップしたいという方はこちらまで。

コメントを残す