ドーソン修行者向け ハノイからハイフォンへの行き方(飛行機・バス・タクシー)

Cafe-311

ハノイ近郊の割安風俗スポットといえばトゥーソンが浮かぶかもしれませんが、それでもやっぱりドーソンの女の子の質と安さを考えるとまだまだ叶わない印象です。

 

さて、今回は一発20万ドンから楽しめる夢の岬ドーソンへの行き方について写真と動画付きで解説していきたいと思います。

 

飛行機を利用する場合

ドーソンそばのハイフォン市内の空港「カットビ空港」が、つい最近国際空港へ格上げされたニュースを記事にしましたが、現時点では成田や羽田・関西空港からの直行便は出ておらず、ホーチミン経由で行くことになってしまいます。なぜかハノイ経由の便が無いのと、国内便でもハノイのノイバイ空港(HAN)*からよりは、ダナン(DAD)*もしくはホーチミンのタンソンニャット(SGN)*経由で行くほうがおトクなので、ホーチミン – ダナン – ドーソンというコースで遊ばれる方には飛行機利用は便利かと思います。

 

ノイバイ国際空港からドーソンへ行く方法

ザーラムバスターミナル(Bến Xe Gia Lâm)

Hai-Phong-Ben-xe-Cau-Rao

ハノイ市内からでも目的地は同じで、ザーラムバスターミナル(Bến Xe Gia Lâm)です。荷物が多くなければ、市内からセオム(バイタク)のおっちゃんと交渉して数百円で連れてってくれると思います。

ハノイ国際空港(ターミナル1)そばのバス停留所からもザーラムバスターミナル行きのバスが出ていますので、運転手に「ザーラム?ザーラム行くのコレ?ザー…」と聞いてから搭乗しましょう。カタカナ読みで普通に通じますので、気負いすることなくザーラムを連呼しましょう。運賃はわずか9000ドン(40円ちょっと)です。

所用時間: 2、30分程度

ハイフォン市へ

ザーラムバスターミナルへ到着したら、カウンターがずらっと並んでいるのが確認できると思います。そこでは、迷うことなく「Hai Au」という看板のカウンターへ向かいましょう。こちらは一応VIPバスという事なのですが、一般のバスと比べても50円程度しか値段は変わらず、400円程度(9万ドン)しかしません。

hai-au-bus

注意: バスには「CAU RAO」と表記されています。「Hai Phong」ではありません。

 

VIPバスの方は、ご覧の通り乗客も少なく、途中で乗客をピックアップするために停車することもないので、ハイフォンまでダイレクトに連れていってくれます。

 

 

ハイフォンからドーソン岬へ

do-son-taxi

さて、いよいよドーソンへ向かいます。一応バスも出ているのですが、夜遅く到着してしまった場合や、バスを待つのが面倒な方は、バスターミナル前で待機しているタクシーを拾ってしまってもいいかもしれません。

Hai-Phong-to-Do-Son-Bus-Stop

相場は22万ドンと、お姉ちゃん一発分以上するのですが、日本円に換算しても1000円ちょっとしかしないので、2,3人組の旅行者であれば迷わずタクシーを利用したほうがいいでしょう。

 

一人でドーソンまで女を買いに行くけどとことんまで切り詰めたいぜというツワモノは、ターミナルから歩いてすぐの場所にあるバス停で待機しましょう。とりあえずバス停にあるダイアをチェックして、あまり時間が空いているようなら、バス停前のカフェで一服してみるのも良いでしょう。

Cafe-311

さて、ひとくくりにドーソンといっても、1区、2区、3区と別けられているのですが、何も知らずにドーソンへたどり着いても、そこそこ広いのでどこへ行ってもいいかと途方に暮れてしまうかもしれません。当然、オススメのホテル(ニャギ)や置屋スポットなど気になる方も多いと思います。ですので、次項ではドーソンでの遊び方と滞在おすすめのホテルについて、いくつか紹介しちゃいます。

 

参考動画

※字幕オン設定推奨です。字幕オンにするには枠内右下のCCというボタンをクリックしてみてください。

サイゴンどん
夜回り at HCMC Boob
つぶらな瞳で夜の街を見渡す巨漢の小心者。そうです、わたすがサイゴンどんです。
記事寄稿・ナンパ武勇伝をアップしたいという方はこちらまで。

コメントを残す