ホーチミンやハノイの風俗で遊ぶ前に注意しておきたい点

img_0273

ハノイやホーチミンといった観光客・駐在員の多いエリアでは、どうしてもピンクネオンの下の綺麗なお姉ちゃんたちに魅せられてハメを外してしまいがちです。

しかし、だからと言ってハメを外しすぎてしまうと、後で取り返しのつかない事にもなりかねません。

そこで、ベトナムでの夜遊びを安心安全に楽しんでもらうべく、今回は簡単に注意事項をみなさんと一緒に確認していきたいと思います。

 

まずは移動編。

 

バイタク(バイクタクシー)

ポン引きであるかそうでないかにかかわらず、街を歩いていると一番よく声をかけられるのが、バイクにまたがった現地のおっさんたちではないでしょうか。流しのタクシーなどと違って料金は言い値で決めますので、ベトナム語ができないと、ぼったくりなどのトラブルが発生しやすくなります。どうしても利用したい場合は、事前にお札を見せて、この値段で!と念を押しておきましょう。

 

危険走行ライダー

バイク天国のベトナムでは、町中バイクだらけで道路を横断するのにもかなり躊躇してしまうかもしれません。基本的に現地の交通規則では、ヘルメット着用が義務付けられており、歩道を走ってはいけないという決まりがあります。

とはいえ歩道を走っているバイクはそこらじゅうにいて、中にはひったくりを行う輩もいます。

 

なので、歩道を歩いていて後ろからエンジン音が聞こえた時は、荷物が体から離れた位置にないか警戒するようにしましょう。実際ホーチミンでは一眼レフを持った日本人観光客(主に女性)がかなりの被害に遭っています。

 

ホテル予約

基本的にどのホテルもベトナム人女性(売春目的)の連れ込みは固く禁じられています。解決策としては、ニャギという現地のラブホを利用する事ですが、どうしても愛人もしくはセフレとホテル宿泊したいという場合は、予約時にきちんと2名で予約し、愛人もしくはセフレちゃんのIDなどきちんとチェックして名前や生年月日なども把握しておくようにしましょう。結構リスキーなので自分はめったにやりませんが、それなりに信頼関係が築けているのならホテル宿泊もありかもしれません。

※不特定多数の女性連れ込みはまず不可能だと思っておいて下さい。3Pとか4Pとか。

 

駐在員は日系のカラオケで

駐在員なのにワルぶって現地の置屋へ行って、それがバレて厳重注意、最悪クビ、、、なんて無くはない話です。言葉のカベもあるのであまり冒険する気にはならないとは思いますが、駐在の方はできるだけ日系のカラオケで遊んでおきましょう。ちょっと火遊びするぐらいなら大丈夫ですw

とはいえ、妻帯者の駐在員がKTV嬢をたぶらかし、その駐在に惚れこんだ嬢が彼の自宅で首吊り…。なんて話もどこかで聞いた事があります。。。

まぁ極端な例ではありますが、遊ぶなら後腐れないように遊びましょう。

(基本的にお金が解決してくれますから。)

 

 

さて、次はちょっとヘビーです。

 

未成年買春に対する刑罰

ベトナムでももちろん未成年者を買春した場合は、非常に重い刑罰に問われます。買春を行った相手が、満16歳以上、18歳未満であった場合、1 年以上5年以下の懲役刑が科せられます。

また、相手が満13歳から16歳未満の児童であった場合は、3年以上8年以下の懲役刑。満16歳以上、18歳未満であっても累犯(再犯)の場合は同じく3〜8年以下の懲役です。

また、満13歳〜16歳未満の児童相手に再犯となると、7年以上15年以下と非常に重たくなってきます。また、自分が HIV に感染していると知りながら未成年買春をした場合も同様です。

また、懲役刑の他に、500〜1,000万ドンの罰金が科せられる場合があります。

 

最後だけかなり重たい内容となってしまいましたが、ぶっちゃけ一番知っておかなくてはいけない事だと思います。サイゴンどんは、今も昔もロリコン趣味はないので、その辺はあまり心配してませんが、万が一立ちんぼとニャギで致す際にも、料金の他にも年齢だけはちゃんと聞いておくようにしましょう。現地警察がグルになって未成年買春をネタにゆすられるなんて事も決して珍しい話ではありません。

 

さて、タイでは20歳未満が風俗で働けなくなりましたね。今後東南アジアはどうなっていくんでしょうか。ベトナムはドーソンなんかでは一部18歳未満が働いているなんて聞いた事ありますが、厳しいのはハノイホーチミンだけで他の地域はまだまだ規制もザルなのかもしれませんね。ダナンでも床屋で生中キメられましたし。

ホーチミンのカフェオムなんかがいい例で、あのあたりは店外交渉天国ですので、ちょっと郊外に外れてしまえば規制のゆるい地域の方が多いという説は頷けるのではないでしょうか。

 

ここまでざっとピックアップしてみましたが、一番注意すべき問題は言語ですよね…。

しかしこればかりは練習あるのみとしか言えませんw

入門編なので中身は薄いかもしれませんが、イラスト付きで比較的覚えやすいと思います。

 

次回はトラブル時に役立つベトナム語を紹介しようかと思います。

サイゴンどん
夜回り at HCMC Boob
つぶらな瞳で夜の街を見渡す巨漢の小心者。そうです、わたすがサイゴンどんです。
記事寄稿・ナンパ武勇伝をアップしたいという方はこちらまで。

6 件のコメント

カンボジア王子
8月 4, 2016
未成年相手にしない限りは、比較的安全に遊べる印象ですけど、どうでしょう?出会い系のほうがコスパ良かったりしますか?ガサ入れで捕まった日本人って今のところ殆どいないですよね?
返信
    サイゴンどん
    サイゴンどん
    8月 4, 2016
    あまり聞きませんね。もしかしたら示談金のようなものを支払って済んでいるのかもわかりません。
カンボジア王子改めクメール王子
8月 7, 2016
今までタイで遊んでましたが、国内情勢の変化もあってあまり楽しめなくなってきました。パタヤなんかはまだまだ若い子がいますけど(笑) コンドミニアム売り払ってベトナムに移住しようかなと考えておりますが、こっちの不動産はアホみたいに高いですね。ベトナム語はまだできませんが、ナイトクラブとかもみんなノリが良くてかなり楽しめました。出会い系でもすでに何人かとNNしてますし、巨乳も多いので新たな秘境発見という感じです。ところで、ベトナムは法律が厳しいので、未成年を斡旋してこようとするポン引きはいない気がします。
返信
    サイゴンどん
    サイゴンどん
    8月 8, 2016
    タイも年齢の底上げがされてしまい、お店側もいくつか検挙されましたしね…。パタヤはまだ若いのがいるんですね、フムフム…www タイも巨乳多い印象ですが、やっぱりベトナムのコは弾力が違いますね。 とりあえずベトナムでも法律に引っかからないように注意しましょう。
HK141
8月 9, 2016
共産国の割にはブイビエン周辺、性が乱れまくってますけどね。韓国系のKTVは基本的には置屋みたいなもんですし、空港の北にあるゴバップの方にも昔は置屋がいくつもありました。ドーソンは未だに健在ですし、フエやブンタウ、ナムディンの方ではまだまだ公安の目が届いていない地域だってあります。むしろ黙認されてるぐらいです。
返信
サイゴンどん
サイゴンどん
9月 5, 2016
HK141さん コメント遅くなりましてすいません。。。確かにハノイだけが厳しくて他は割とザル(というか公安とヤ○ザが繋がってたりしてビジネスになってる)な印象ですね。ハノイからバスで2,3時間のハイフォン市のドーソンやナムディンのクアットラム(クアッラム)などはまだまだ現地民にとっても楽園として重宝されていますからね。韓国系のKTVはベトナムだけでなくフィリピンなどでも置屋化しているので、ある意味非常にわかりやすいんですが、賄賂がきちんと納められてなかったために見せしめのため検挙。。。なんて話ザラです。そういう意味では、やはり長く続いている店舗が一番安心して遊べますね。
返信

コメントを残す