ハノイの日系カラオケ店とナイトクラブ夜遊びMAP 2017年度版

ハノイの風俗は難しい。それは2017年になった今でもあまり変わりありません。ハノイで夜遊びするぐらいならドーソンへ行ったほうが確実に楽しめるのもまた事実です。しかし、ハノイからだとコスパの良い航空券がなく、ホーチミンから行ったほうが安上がりという、夜遊び目的の観光客からするとどうしようもない都市かもしれません。

 

そもそも、都市の規模では、ハノイは首都でありながら、南部のホーチミンより小規模な上に、共産党支配による政治の中心地であるせいか、特に性風俗に関しては厳しい規制がかけられているのが現状です。

ハノイにも、Blue VIP Massage、モスクワサウナ、サクラスパといったような、本番なしVIPマッサージ(マッサージパーラーとも言う)は、一応存在しますが、表立っての「置屋」というものはハノイには存在しません。ハノイでは可愛い娘と知り合って、「店外デート」する以外のお持ち帰りの手段はかなり限定されています。

下手にお店の女の子をお持ち帰りしようとして、その場を公安に見つかってしまった場合、最悪の場合強制送還です。

 

健全な夜遊びをしよう

さすがに規制が厳しいとは言っても、一般庶民には当然ガス抜きだって必要です。現地民が集う若者向けのナイトクラブもホーチミンほどではないにしても存在しますし、日本人駐在員の憩いの地「ハイバーチュン(Hai Bà Trưng)」では、日本人向けのいわゆる日系ラウンジ(日式カラオケとも言う)が複数軒を連ねています。

ですので、規制の厳しいところでわざわざ危険を犯す必要はありません。強制送還なんてされたら国の恥です。

ここは冒険せず、現地の若い女の子たちとお酒を飲みながら、日本語を交えて楽しく歌を歌ったり、ちょっかいを出したりして健全なナイトライフを楽しみましょう。

ちょっとローカルだけど格安の風俗を楽しみたいぞという方は、ナムディントゥーソンといったところまで遠征してみても良いかもしれませんね。

 

日本語ができるスタッフが、手取り足取りサポートしてくれます。料金はちょっと高めかもしれませんが、そこでの出会いから何か進展があるかも?

 

ハノイの日系カラオケMAP

基本的には一箇所に密集している感じですが、最近新たに「きららクラブ」というお店ができたようで、女の子は常に15名ほどいるみたいです。

 

ハノイのナイトクラブMAP

フォーチュナーホテル内になる「BOSS NITE CLUB」と、ハノイホテル内の「HANOI NIGHT CLUB」はあえて除外しました。二つのクラブは高級店かつハノイ唯一の”政府黙認置屋”でして、お持ち帰りができるのはありがたいのですが、コスパはあまり高くありません。英語ができる娘がいるのはありがたいですが、年齢層は若干高めの印象。

 

お持ち帰り後はニャギかA25ホテルへ

ホテルの多くは連れ込み禁止ですが、一部のホテルは黙認してくれているところもあります。

ハノイもホーチミン同様に、路地裏にあるニャギはほぼ100%連れ込みが可能なのですが、表通りに面しているホテルでも黙認してくれるところがあります。その代表格が「A25ホテル」で、店舗によっては宿泊が1000円程度なんてところも。かといって部屋が汚いというわけでもなく、十分キレイなので、オススメです。

ハノイでブンブンしたいなら、現状エスコート(Gai Goi)出会い系と言ったところでしょうか。

 

個人的にハノイの娘は貧乳が多くてあまり好きになれません。

やっぱり巨乳のサイゴンガール最高!

サイゴンどん
夜回り at HCMC Boob
つぶらな瞳で夜の街を見渡す巨漢の小心者。そうです、わたすがサイゴンどんです。
記事寄稿・ナンパ武勇伝をアップしたいという方はこちらまで。

コメントを残す

注意: 個人や特定の団体を誹謗中傷するような内容はご遠慮ください。それ以外は何でもコメントしてくれて構いません。

あなたのメールアドレスは公開されません。必須事項は *

*
*